創業80年の専門店スタッフが語るレザーパンツの選び方

狭いワインディング.jpg

少々大袈裟ですがお出かけ前に勝負は始まっています


買い物に出かける前に、お持ちのパンツで丁度良いと感じているものの、太もも回り、膝回り、裾回りの太さなどを憶えておいて下さい。 (具体的に○センチと認識できていれば、よりグッドです)


ストレートとブーツカットの本質的な違い


大きく分けてストレートとブーツカットがありますが、両者の本質的な違いを明確に認識している方は少ないようです。

□ストレート
ゴツイブーツを履くと、裾がブーツに引っ掛かり、ダボっとした状態になります。このダボっとしたシワは乗車姿勢では消えますので、可否の判断はハッキリ言って好みです。

□ブーツカット
ブーツを履いた時に引っ掛かりは少ないのですが、副作用として引きずりが発生する可能性があります。要するにラッパ型である為、どこかで細くなっていないとブーツカットではなくなります。よって脚部の膝部が細く作られています。

KA-GIJ 001


裾上げの目的地点は2種類あります


□靴を脱いだ状態に合わせる

言葉通りに靴を脱いだ状態に合わせると短かすぎです。靴を脱いだ状態で、裾がギリギリ床に「触れる」長さがお勧めです。靴を脱ぐことができるのなら、床が汚すぎることもないはずです。

履きなれた頃には、膝の裏にシワが刻まれます。その分だけ短くなる可能性を見越して「触れる」長さをお勧めしています。上記で裾上げをすると、靴を脱いだ状態でも快適で、乗車時も程良く寸法が合う長さになります。


□ブーツを履いた状態に合わせる

ブーツを履いた状態で、乗車姿勢を取ってもらい、靴底の縫い合わせの部分までの長さを取ります。直立時はかなり長くなり、場合によっては裾を引きずることにもなりますが、単純に長い分、防寒で有利です。また、長めに取っておけば後から短くすることもできます。

裾上げの時はウェストの位置に注意して下さい。
CHAPS-EVO.jpg

以上、簡単ですがパンツのフィッティングについて述べさせていただきました。ジャケットと異なり、パンツのサイズ感は好みに大きく左右されます。

冒頭のように、既存のものとサイズ感を統一するのも手ですが、たまにはこれまでには着用しなかったようなものを選んでみるのも楽しいかも知れませんね。


staff-tokyohonten01.jpg■この記事の執筆者
KADOYA東京本店 店長 菊地謙三郎(37)
直近10年間でお受けしたライダースのオーダーメイド件数は、カドヤ全社員の中で最多。
ひょっとしたら日本一採寸しているかもと思う今日この頃。



テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

KADOYA東京本店

kadoya tokyo

Author:kadoya tokyo

〒111-0035
台東区西浅草3-29-21
TEL:03(3843)2000
・AM10:00~PM7:00
・水曜定休

OFFICIAL HP


INFORMATION

KADOYA'S PRODUCTS

ORDER MADE

LEATHER MAINTENANCE

経年変化&VINTAGE
BLOG内検索
CATEGORY
更新履歴
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
関連BLOG