オーダーレザージャケットのその後 本店:菊地

order leather jacket 

「革の経年変化」とひとくちに言っても、モノによって違います。

ヌメ革の小物、財布やカード入れなんかは手の脂が常に付くことや、雨に濡れる想定ではないことから、結構変化します。
このことから、革ジャンもヌメ革の小物のように変化するとイメージする人が多いようです。

しかしながら、革ジャンの場合は違うベクトルに変化します。
その要因は、雨に濡れても影響が少ない革を使っていることや、手脂等がつきにくいこと等があげられます。

今回は当社のオーダーメイドで作製したオイルソフトステア1.8mm厚の経年変化を紹介させて頂きます。

まずは既製品で同様の革を使用しているモデル“SPEED TWIN”
元より厚みがあり柔らかい革ですが、新品の状態では、シワも無くバリッっとしています。

speed twin 


そしてオーダーの革ジャンを一年間使用したものです。
(IH様、ご協力ありがとうございます)

oil soft steer
可動部にアタリが付き、使用者の動きにマッチしてきます。
全体的に柔軟性が出て、クタッとしてきます。

シワ、アタリの具合から、着用頻度が多いことが伺えます…気に入って頂けたようで、なんかこう…すげぇジーンときます…嗚呼、感慨無量。


この後、数年着用すると、細かなスレやキズが入り、金属部分の色が変化していきます。そうなったら、更に愛着も増すかと思います。深い味わいのレザージャケットだと、人にも羨まれることでしょう。

日常的に店頭に立ち、新品の革ジャンに触れていると、知っていながら忘れます。
「革ジャンは使用してこそ良い風合いを生むもの」

改めて気がつかせてくれるのはお客さまです。言葉にすると杓子定規ですが、
IH様、ありがとうございます。またのご来店お待ちしております。


【関連記事】
オーダー受注増加中。
本店オーダーメイド②
本店オーダーメイドジャケット
革ジャンの選び方/フィッテイングについて③
革ジャンの選び方/フィッテイングについて②

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

KADOYA東京本店

kadoya tokyo

Author:kadoya tokyo

〒111-0035
台東区西浅草3-29-21
TEL:03(3843)2000
・AM10:00~PM7:00
・水曜定休

OFFICIAL HP


INFORMATION

KADOYA'S PRODUCTS

ORDER MADE

LEATHER MAINTENANCE

経年変化&VINTAGE
BLOG内検索
CATEGORY
更新履歴
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
関連BLOG