これからのシーズンにお勧め、風を操る全身ベンチレーションJKT!

KADOYA/NEW CONCEPTER/RJ-XGS   企画室:津山裕次


春全開のこの季節、暖かくなってベストシーズン突入ですが朝夜・お出掛け先・
お天気によってはまだまだ寒かったり、お昼は逆に暑かったりと、アウター選びで
結構迷ったりする季節でもございます。オールメッシュのナイロンJACにはまだ早いけど、
フツーのナイロンJACだとチト暑いかも…
そこで「走行風を上手くコントロール」して暑い寒いに対応出来るJKTのご紹介です。


XGSブログ用画像_01  

まずは、ライディングJKTとしての基本骨格。
・本体ベース生地のコーデュラナイロンが、しっかりとした着心地で体を包み込みます。
・肩・肘・脊椎の要所には着脱式TPF-S*パッドを標準装備、安全性と安心感を向上。
・両脇の平ゴム絞りが胴回りに許容量をもたせつつ気持ち良く体にフィットさせます。
・キドニー部は軽量パテッドで腰の保護と、スマートなバックスタイルを演出。
・サイドベンツはZip装備で、車種やポジションにより開閉調節が可能。
・前傾でも突き上げが出ない前丈と、決して腰が開かない後丈の黄金バランスは、
オン・オフ・アメリカンまでマルチポジションに対応。
・使い勝手の良いデュアル胸ポケットと、お腹周りをすっきり見せる脇ポケット。
・首に優しく汚れが目立たないソフトニット内貼りスタンドカラー。
・通気性、速乾性に優れたソフトな総裏メッシュ。
‥ETC

☆安全堅牢でバタつかない作りと、ブルゾンタイプよりスリムに見えて
シングルライダースタイプより楽に着られるシルエットがコンセプト。


XGSブログ用画像_02  
真骨頂のエアロコントロールシステムとは!
・袖の配色部は「ケブラー混紡ナイロン」を用いたエアトンネルです。生地強度が高く
本体と切り替え使用により、トンネル内部はダイレクトな清流導線となります。
・ケブラー部先端にはインダクションポッド(F1マシン等の頭上や両脇に備えるエア
インテーク)としてポリウレタン製の止水Zipを装備。素材の張りと立体構造により、
風を切り込み袖のエアトンネルへと流入させます。
・インダクションポッドZipは外から内に閉じ、開口幅を速度に応じて調整します。
高速走行時は半開以下に閉じて風の抵抗を減らしながら、清流効果を促します。
・上腕部にもエアインテークZipを装備、併用によりエアトンネル効果をさらにUP。

☆袖先にエアの導入口を設ける事により、腕のポジション可動でエアの流入量を任意
で加減出来るようにしています。



XGSブログ用画像_03  
・胸上部の「L型切替え」は、トレンチコートに見られるストーム・フラップ(雨風よけ)
の逆転発想、大きく風を取り込む機能のエアインテーク・フラップとなります。
・切替え部には止水Zipを装備しており、必要に応じて無段階に調整が可能。コーナー
のドットボタンを留めておけばフラップがばたつかず、側面・底面から取り込み可能。
・またZip全開でフラップを三角に折り返し、両面ドットボタンで固定すれば大開口の
エアインテークとして機能します。フラップの下層は肩口までハードメッシュをレイアウト、
強度を損なわずして大きく清涼を上げられます。
・背中肩口の切替え内にもエアインテークZipを内蔵しており、摘み易い短冊型のZip
スライダーで開閉をおこないます。

☆胸・肩・上腕のベンチレーションは、上半身を起こす、前傾する、肘を上げる、
肩を絞るなど上体の可動により開口部が膨らみ、風の導入を更に促せます。


XGSブログ用画像_04  
・背中のアーチ型切替えは、下層にハードメッシュを敷いた大型ヨークになっています。
・前面各部から導入されたエアはJKT内部を背面へ流れ、大型エアダクトから排出。
・背中肩口のエアインテークはヨーク内を中空にしながら清流する事で、大型エアダク
トの負圧効果を高めます。これによりJKT内の対流を面で吸引し換気効率が更に向上。
・切替えに内蔵したエアダクトZipは、Wスライダー(尻合わせ)で両端からの開閉式。
中央合わせの全開でヨークと本体が固定され高速走行でのばたつきを押さえます。

☆各部が効果的に機能し連動した、NEW CONCEPTERならではのロジカルデザインです。
必要に応じてベンチレーションを使い分け快適なライディングをお楽しみください!


XGSブログ用画像_05

XGSブログ用画像_06 [TPF/S-serise Protector] 
※肩・肘・脊椎標準装備

表側に硬めの高圧縮発泡ウレタンを使用し、身体に当たる裏側には低反発素材を用いた二層構造。穴数を増やし蒸れを抑え通気性を高めており夏用ウエアに最適なパッドです。



■RJ-XGS




テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

KADOYA東京本店

kadoya tokyo

Author:kadoya tokyo

〒111-0035
台東区西浅草3-29-21
TEL:03(3843)2000
・AM10:00~PM7:00
・水曜定休

OFFICIAL HP


INFORMATION

KADOYA'S PRODUCTS

ORDER MADE

LEATHER MAINTENANCE

経年変化&VINTAGE
BLOG内検索
CATEGORY
更新履歴
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
関連BLOG