KADOYAの FRシリーズをご存知でしょうか?

春も迫ったこれからの季節に最適な3シーズン・ナイロンジャケット“FR-L2”のご紹介です。

「FR」とは「Flight Riders/フライト・ライダース」を意味し、フライトジャケットのテイストを盛り込んだライディングウェアとして開発されています。

フライトライダース001

FRシリーズは発売から20年以上の歴史があり、時代によって様々なモデルが存在しました。
それはナイロンに限らずレザーやコットン等であった時代もあります。

共通して言えることは、「ミリタリーとモータースポーツの融合」というテーマ持ち、ユーザーの安全性や快適性、フィット感や運動性能などに対しての試行錯誤を繰り返してきたということ。

ライディングウェアの中では異端とも呼べるその進化の最新形態、それが今回ご紹介する“FR-L2”です。

フライトライダース002

フライトライダース003

まず目を引くのが、フロントに採用された金属ファスナー、頑強なYKKの10番ファスナーを採用し、長年の使用でも破損しにくいようにしています。

フライトライダース004

そして裾にはフラップを配して金属ファスナーとバイクとの干渉を緩和しています。

フラップのボタンは、あえて頭が露出する方式を採用。
この方式であれば、長年の使用によってボタンが破損した場合にも容易に交換できる為です。

フライトライダース005

ファスナーには、グローブをした状態でも掴みやすいように、革プルが取り付けられています。
これは一般的な工夫であり、フライトジャケットとライダースジャケットの両方に見られます。

どちらもマシンと共に歴史を歩んだウェアであり、共通してグローブを着用する為、同じ工夫がされているのでしょう。

フライトライダース006

袖全体に施された縫い縮みのようなシワは、フライトジャケット由来。
この細かなシワの内側にはゴムが仕込まれており、本来ナイロンにはない伸縮性を生み出しています。

これにより、最大限にインナーを着込んだ状態でも、動きへのストレスを最小限に抑えます。

フライトライダース007

脇の編上げはあまり見ることのない上下分割式、2本のナイロンコードで調整します。
なぜ2本なのかは、靴紐を思い浮かべると分かりやすいかも知れません。
2本であれば、全体の緩みを気にせずに、各部の微調整が可能です。

この編上げは、インナーを着込み調整が必要になった時や、高速走行時のバタつき抑制に効果を発揮します。

フライトライダース008A

ポケットはファスナーを廃止しています。

今回ご紹介のFR-L2は、フラップをポケットに収納できるようにしています。
この仕様の場合、ファスナー付きにはできません。

しかしながらファスナーが無いと内容物が脱落する可能性があるのも事実です。
特に乗車時に脱落した場合、元の場所に戻り拾い上げるのは困難です。

そこで、使いやすさの度合いを削り、ポケット角度を脱落しづらいものにしています。

フライトライダース008B

ベンチレーションはレーシングスーツ等で培った理論の基、王道の位置に付いており、そのベンチレーション効果を最大化する為、裏地にメッシュのものを採用。

フライトライダース010

フライトライダース012

一般的にメッシュ裏地は夏場に汗をかいた時、不快感が生じないように考案されたもので、伸縮性がある為に意外と、引っ張り強度があります。
防寒は、重ね着することで補えるというレイヤードを想定しています。

夏場に気になるエリ裏や袖口回りには、ドライで快適な着心地を保つクールマックス生地を使用しているのも細やかな気使いです。

フライトライダース013

裾にはずり上がりを防止するストラップ、ズボンのベルトに連結させます。
スポーツライディングの姿勢は、ジャケットから腰が出てしまうことが多々ある為、この装備は意外に、ありがたかったりします。

フライトライダース014

プロテクターは別売りですが、胸部に硬質プロテクター取付用のマジックテープ、脊椎、肩、肘には低反発素材を使用したパッドを入れるポケットが配置されています。

胸部:フレックスチェストプロテクター脊椎:TPF/BACK BONE-S肩:TPF/SHOULDER-S肘:TPF/ELBOW-S


少し長くなりましたが、以上が商品のご説明です。
今回ご紹介のジャケットに限らず、カドヤの製品には様々な人と考えが関わっています。

ぜひ一度、袖を通してみてください、きっと様々な発見があると思います。



●M.I.R SPEC
FR-L2
●No.6542
●COLOR:ブラック、アーミーグリーン
●SIZE:S~4L
●¥25,000(税別)
●表/ナイロンヘビーツイル(PUコーティング)
裏/ポリエステルメッシュ(襟裏・袖口裏部COOL MAX使用)
●肩・肘・脊椎パッド装着用ポケット、フレックスチェストプロテクター装着テープ装備

KADOYA東京本店

kadoya tokyo

Author:kadoya tokyo

〒111-0035
台東区西浅草3-29-21
TEL:03(3843)2000
・AM10:00~PM7:00
・水曜定休

OFFICIAL HP


INFORMATION

KADOYA'S PRODUCTS

ORDER MADE

LEATHER MAINTENANCE

経年変化&VINTAGE
BLOG内検索
CATEGORY
更新履歴
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
関連BLOG